チェンフンテン寺(読み)チェンフンテンじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

チェンフンテンじ【チェンフンテン寺】

マレーシアのマレー半島西海岸南部、マラッカ州の州都マラッカにある、同国最古の中国寺院。マラッカ川西岸のチャイナタウンのトコン通りにある。この地に移住した中国人が、資材を中国から運び入れて1646年に建設した中国南方様式の寺院で、観音菩薩と航海・漁業の守護神として信仰されている道教の女神・媽祖が祀られている。本堂内部は、ほうろうやガラス細工の動物や花の装飾がなされている。また、屋根には、鮮やかに彩色された伝説上の動物の龍や麒麟(きりん)の装飾が施されている。本堂内部には、中国の明朝の遺臣で、この寺の創建者と伝えられている李為経の肖像画がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android