コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チエンシャン(千山)山脈 チエンシャンさんみゃくQian shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チエンシャン(千山)山脈
チエンシャンさんみゃく
Qian shan

中国北東部,リヤオニン (遼寧) 省東部にある北東から南西方向の山地。チャンパイ (長白) 山地の支脈にあたる。標高 500m以下の山が多いが,1000mをこえる峰もある。東麓を朝鮮との国境をなすアムロク (鴨緑) 江,西麓をフン (渾) 河が流れる。山間ではサクサン (柞蚕) の飼育と林業が行われる。石炭,鉄,オイルシェールの埋蔵が豊富で,西麓にはフーシュン (撫順) ,ペンシー (本渓) の大鉱業都市が発達。南部はリヤオトン (遼東) 半島の脊梁をなす丘陵性山地で,山麓ではリンゴを中心に果樹栽培が盛ん。中央西部のチエン (千) 山は景勝地で,唐代からの寺院が多数ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チエンシャン(千山)山脈の関連キーワードターリエン(大連)特別市リヤオトン(遼東)半島リヤオニン(遼寧)省インコウ(営口)県

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android