コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チクングニア熱 ちくんぐにあねつ Chikungunya fever

1件 の用語解説(チクングニア熱の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

チクングニア熱

主にアジアアフリカに分布するネッタイシマカなどのヤブ蚊が媒介するウイルス性疾患。3~12日の潜伏期を経て発熱や関節炎などの症状が出る。死亡率は低いものの、数カ月にわたって関節に痛みが続き、関節が変形する後遺症の出る可能性もある。特定の治療法は存在していないが、鎮痛薬及び非ステロイド抗炎症薬などを痛みや腫れを軽減するために用いる。2012年10月2日、同年6~7月に国内でチクングニア熱の患者が相次いで4人確認されたことが国立感染病研究所の調べで分かった。患者はそれぞれパプアニューギニアカンボジア、タイ、フィリピンに渡航歴があった。06年以降、約30例の感染報告があるが、このように短期間にまとまって確認されたのはまれである。ウイルスを媒介するヤブ蚊の一種、ヒトスジシマカは日本にも生息しており、国内で流行する危険性もあると懸念されている。

(2012-10-04)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チクングニア熱の関連キーワード旧熱帯区チンパンジーアジアアフリカ会議アフリカ象アフリカ舞舞知目鳥ホワイトアフリカ烏秋汎アフリカ主義ハゲコウ(禿鸛)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チクングニア熱の関連情報