チッペンデール様式(読み)チッペンデールようしき

大辞林 第三版の解説

チッペンデールようしき【チッペンデール様式】

イギリスのトーマス=チッペンデール(1718~1779)がつくり出した家具様式。ロココ様式にゴシック趣味・中国趣味を取り入れた実用的なもの。特に、椅子が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

チッペンデールようしき【チッペンデール様式】

18世紀イギリスの家具デザイナー、トーマス・チッペンデールが創案した家具様式。マホガニー材の多用と、ロココ様式ゴシック様式シノワズリなどのさまざまな要素を折衷した意匠が特徴。背もたれにリボンを絡ませたような優雅な模様の透かし彫りを施した椅子(いす)が知られる。◇「チペンデール様式」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android