チビトガリネズミ(読み)ちびとがりねずみ(英語表記)least shrew

日本大百科全書(ニッポニカ)「チビトガリネズミ」の解説

チビトガリネズミ
ちびとがりねずみ
least shrew
[学] Sorex minutissimus

哺乳(ほにゅう)綱食虫目トガリネズミ科の動物。世界最小の哺乳類の一つで、頭胴長4.5~5センチメートル、体重2グラム前後。北海道にその1亜種トウキョウトガリネズミS. m. hawkeriを産する。

阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android