コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット亡命政府 チベットボウメイセイフ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チベット亡命政府

中国軍の侵攻に対してチベット人が蜂起した1959年のチベット動乱を機に、インドへ亡命したダライ・ラマ14世が樹立した。チベットで17世紀以来続いた歴代ダライ・ラマによる政教一致体制から、徐々に民主制へ移行。三権分立の形を整えた。首相は01年に公選制となったが、ダライ・ラマの補佐的な役割にとどまっていた。亡命政府を承認した国はない。

(2011-08-09 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

チベット亡命政府の関連キーワードサムドン・リンポチェカルマパ(17世)マクロードガンジーロブサン・センゲカルマパ17世チベット問題チベット仏教

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チベット亡命政府の関連情報