チベット亡命政府(読み)チベットボウメイセイフ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チベット亡命政府

中国軍の侵攻に対してチベット人が蜂起した1959年のチベット動乱を機に、インドへ亡命したダライ・ラマ14世が樹立した。チベットで17世紀以来続いた歴代ダライ・ラマによる政教一致体制から、徐々に民主制へ移行。三権分立の形を整えた。首相は01年に公選制となったが、ダライ・ラマの補佐的な役割にとどまっていた。亡命政府を承認した国はない。

(2011-08-09 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チベット亡命政府の関連情報