ダライラマ(英語表記)Dalai Lama

翻訳|Dalai Lama

デジタル大辞泉の解説

ダライ‐ラマ(Dalai Lama)

チベット仏教ゲルク派(黄帽派)の教主の尊称。この称号は歴代教主の法名がギャムツォ(大海の意。モンゴル語でダライ)で終わることに基づく。「ラマ」はチベット語で師の意。転生者が代々その地位を相続し、観音菩薩の化身とされて絶対的信仰を集め、1642年、ダライ=ラマ政権樹立後は、チベットの聖・俗両権を掌握。
[補説]「達頼喇嘛」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ダライラマ【達頼喇嘛】

〔ダライはモンゴル語で海、ラマはチベット語で師の意〕
チベットの宗教・政治上の最高支配者の称号。黄帽派ラマ教の教主。この称号は一六世紀に確立し、教主は禅定菩薩の化身である最高の活仏とされ、政治をも掌握した。 〔「達頼喇嘛」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ダライ‐ラマ【達頼喇嘛】

〘名〙 (Dalai blama) チベットに君臨したラマ教の教主の呼称。この称号が生まれたのは一五七八年第三世ソナム=ギャムツォの時代で、以後教主は禅定菩薩の化身である活仏とされ、政権をも掌握するにいたった。第六世の時代から清国の干渉を受け、第七世~第一三世はその支配下にあった。特に第一三世トゥプテン=ギャムツォ(一八七六‐一九三三)は、文教政策に努力し、「プトン全書」「チベット大蔵経」や歴代ダライの著述集「スンブム」を刊行したことで知られる。第一四世テンジン=ギャムツォ(一九三六‐)は中華人民共和国政府と対立、一九五九年インドに亡命。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダライラマの関連情報