コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダライラマ Dalai Lama

翻訳|Dalai Lama

デジタル大辞泉の解説

ダライ‐ラマ(Dalai Lama)

チベット仏教ゲルク派(黄帽派)の教主の尊称。この称号は歴代教主の法名がギャムツォ(大海の意。モンゴル語でダライ)で終わることに基づく。「ラマ」はチベット語で師の意。転生者が代々その地位を相続し、観音菩薩の化身とされて絶対的信仰を集め、1642年、ダライ=ラマ政権樹立後は、チベットの聖・俗両権を掌握。
[補説]「達頼喇嘛」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ダライラマ【達頼喇嘛】

〔ダライはモンゴル語で海、ラマはチベット語で師の意〕
チベットの宗教・政治上の最高支配者の称号。黄帽派ラマ教の教主。この称号は一六世紀に確立し、教主は禅定菩薩の化身である最高の活仏とされ、政治をも掌握した。 〔「達頼喇嘛」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ダライラマの関連キーワードダライ・ラマ14世ダライ・ラマ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダライラマの関連情報