チベット探検(読み)チベットたんけん

世界大百科事典 第2版「チベット探検」の解説

チベットたんけん【チベット探検】

チベットは世界の秘境で,世界のどの国からもこの地方に達するのは容易でなかった。そして何よりもこの地域のかたくなな鎖国制度が,長い間ここを世界の秘境にしてきた。 最初にここを訪れたのは,イエズス会の宣教師たちだった。1624年,ポルトガルのイエズス会士A.deアンドラデは,ヒンドゥー教巡礼団に加わって,チベット西部の小国グゲのツァパランに至った。ついで61年,2人のイエズス会士J.グリューバーとA.ドルビールは,中国からラサに達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android