コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウダーガイ チャウダーガイ Cittarium picta; West Indian top shell

2件 の用語解説(チャウダーガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウダーガイ
チャウダーガイ
Cittarium picta; West Indian top shell

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。殻高 5.5cm,殻径 7cm。殻は厚質堅固,円錐形で,螺層は6階。体層は大きく,周縁は丸い。殻表は黒い波状斑と灰色斑とが交互にある。殻口は丸く,内面は真珠光沢があり,臍孔は丸く深く開いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャウダーガイ
ちゃうだーがい
ciguaWest Indian top
[学]Cittarium pica

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝西インド諸島に分布する。殻高50ミリメートル、殻径80ミリメートルに達し、重厚で低い円錐(えんすい)形をしている。殻表はざらざらで、白地にいくぶん稲妻状の黒色雲状斑(はん)がある。殻底は弱く膨らみ、臍孔(へそあな)は広く開き、殻口は広く丸い。殻内に真珠光沢があり、蓋(ふた)は褐色の円板状多旋形をしている。かつてはフロリダにも分布していたが、現在では絶滅している。主としてラテン系の人々の食用となる。また、この貝はかつてシガテラ中毒の原因となったが、この熱帯特有の中毒症状の名は、本種の現地名であるシガに由来する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャウダーガイの関連キーワード軟体動物有肺類後鰓類腰高雁空前鰓類象水母千種貝石畳貝疣細螺軟体類

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone