コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウダーガイ Cittarium picta; West Indian top shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウダーガイ
Cittarium picta; West Indian top shell

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。高 5.5cm,殻径 7cm。殻は厚質堅固,円錐形で,螺層は6階。体層は大きく,周縁は丸い。殻表は黒い波状斑と灰色斑とが交互にある。殻口は丸く,内面真珠光沢があり,臍孔は丸く深く開いている。ふたは革質,黒緑色で丸く,多旋型。西インド諸島潮間帯岩礁に多い。この肉はチャウダー料理にして美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャウダーガイ
ちゃうだーがい
ciguaWest Indian top
[学]Cittarium pica

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝。西インド諸島に分布する。殻高50ミリメートル、殻径80ミリメートルに達し、重厚で低い円錐(えんすい)形をしている。殻表はざらざらで、白地にいくぶん稲妻状の黒色雲状斑(はん)がある。殻底は弱く膨らみ、臍孔(へそあな)は広く開き、殻口は広く丸い。殻内に真珠光沢があり、蓋(ふた)は褐色の円板状多旋形をしている。かつてはフロリダにも分布していたが、現在では絶滅している。主としてラテン系の人々の食用となる。また、この貝はかつてシガテラ中毒の原因となったが、この熱帯特有の中毒症状の名は、本種の現地名であるシガに由来する。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャウダーガイの関連キーワードシガテラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android