コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウルキヤ朝 チャウルキヤちょうChaulukya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャウルキヤ朝
チャウルキヤちょう
Chaulukya

インド,ラージプート諸王朝の一つ。ソーラーンキー Solāṅkī朝とも呼ばれ,西インドのグジャラートを支配した (942頃~1306頃) 。都はアナヒラパータカ。プラティーハーラ朝の衰退に乗じてムーララージャがグジャラートで独立し,王朝を創始した。チャーハマーナ朝パラマーラ朝をはじめとする周囲の王朝と争いを繰返しつつ領土を拡大。 12世紀には西インドからデカン北部に及ぶ地を支配下に収めた。ジャイナ教の大学者ヘーマチャンドラが宮廷で活躍したのもこの頃である。しかし 12世紀末には,諸王朝との抗争,封臣の離反,イスラム軍の侵入などにより急速に弱体化。 13世紀なかばに支配王家の交代があったが,この新王家も 1299年ハルジー朝の軍によってグジャラートから駆逐され,デカンの亡命政権も 1306年に滅んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のチャウルキヤ朝の言及

【ラージプート】より

… ラージプート諸王国のもとで,インド古来の文化が栄え,文芸の愛好者として高名な王や寺院の建立に努める王が多く出た。中央インドのカジュラーホのヒンドゥー教寺院群(チャンデッラ朝)や,西部インドのアーブー山のジャイナ教寺院(チャウルキヤ朝)は,ラージプート時代の代表的建造物である。また細密画手法の美麗なラージプート絵画が,王侯の保護下に発達した。…

※「チャウルキヤ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android