コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャオチョウ(潮州)特別市 チャオチョウChaozhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャオチョウ(潮州)〔特別市〕
チャオチョウ
Chaozhou

中国華南地方,コワントン (広東) 省東部,ハン (韓) 江の下流に広がる市。市区と2県から成る。チャオシャン (潮汕) 平原の中部にある。周辺は水稲,サトウキビ,茶,バナナ,パイナップル,柑橘類を栽培する人口稠密な農業地域である。隋代から潮州がおかれ,元では潮州路,明,清では潮州府の治所であった。唐代に韓退之 (韓愈) が刺史として来任したことがある。 1953年市制をしいたが,58年チャオアン (潮安) 県に属し,79年再び市となった。農産物を集散,加工するが,特にチャオチョウ柑の産地として有名。伝統工芸も盛んで,カラムシを原料とするシヤ (夏) 布,刺繍,木彫,竹細工,陶磁器などがある。人口 129万 3726 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android