コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャクラ cakra

占い用語集の解説

チャクラ

人間のエネルギー中枢のこと。精神にも関係している。直訳すると「車輪」・「輪」。これらが回転して生命エネルギーを循環させている。人間には6または7箇所のチャクラがあると言われるが、それとは別に8箇所あるという説もあるなど、一定ではない。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャクラ【cakra】

インドの神秘的身体論において,脊椎に沿っていくつかある,生命エネルギーともいうべきものの集積所。文字どおりには〈輪〉を意味する。ハタ・ヨーガやタントラ文献によれば,ふつうチャクラは六つあるという。下の方から列挙すると,まず会陰のあたりに,四弁よりなる蓮華の形をしたムーラーダーラ・チャクラmūlādhāra‐cakraが,へそのあたりには,六弁の蓮華の形をしたスバーディシュターナ・チャクラsvādhiṣṭhāna‐cakraが,そのすぐ上には,十弁の蓮華の形をしたマニプール・チャクラmaṇipūr‐cakraが,心臓の近くには,十二弁の蓮華の形をしたアナーハタ・チャクラanāhata‐cakraが,喉のあたりには,十六弁の蓮華の形をしたビシュッダ・チャクラviśuddha‐cakraが,眉間のあたりには,二弁の蓮華の形をしたアージュニャー・チャクラajñā‐cakraがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チャクラ【cakra】

〔輪の意〕
ヨーガの身体観で、会陰部から頭頂部までの各所に存在する、エネルギーの集結部。諸説あるが普通六か所とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のチャクラの言及

【タントラ】より

…もう一つは,独特の人体生理学を利用するものである。宇宙の生命力である気息は,人体においては脈管(ナーディー)の中を流れ,また,チャクラ(輪)と呼ばれる一種の器官の中に蓄積されている。脊椎の最下部,会陰のあたりにあるチャクラは,四弁の蓮華の形をしており,ムーラーダーラと呼ばれる。…

【ハタ・ヨーガ】より

…ヒンドゥー教の一宗派ナート派が伝えてきたヨーガで,13世紀ころの北インドの聖者ゴーラクナート(ゴーラクシャナータ)が開祖であると伝えられる。シバ派のタントリズム(タントラ)の教義にのっとり,気息という一種の生命エネルギーを利用し,クンダリニーという蛇の形をとって脊椎の最下部に潜んでいる性力(シャクティ)を覚醒させ,エネルギーの溜り場であるいくつかのチャクラを経由させながら脊椎沿いに上昇させることを目ざす。このため,このヨーガは〈クンダリニー・ヨーガ〉と呼ばれることもある。…

※「チャクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャクラの関連キーワードヨーロッパ復興開発銀行チャクラバティ判決タマンナルマダシャンバラ伝説エルナンデスルムテク僧院ナルマダ離宮クンダリニータマンマユラ如意輪観音異部宗輪論世界の国旗転輪聖王マタラムビシュヌ鎌﨑拓洋旋火輪曼荼羅各所法輪

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャクラの関連情報