コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャコ州 チャコChaco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャコ〔州〕
チャコ
Chaco

アルゼンチン北東部の州。州都レシステンシアグランチャコと呼ばれる大平原の南部を占める州で,北はベルメホ川,東はパラグアイ=パラナ川によってかぎられる。ほぼ全域が低木林に覆われた沖積平野で,ところどころに草原や湿地帯が広がる。排水の悪い低地であるため,夏の雨季には広範囲にわたる地域が洪水に見舞われ,乾季には干魃に悩まされる。このような気候条件と相まって,大市場から遠く離れ,輸送手段も不足していたため発展は遅れたが,森林地帯の開発が進み,ケブラチョ(タンニンの原木)の伐採が盛んになり,またアルゼンチン有数の綿作地帯として発展。そのほかトウモロコシ,ヒマワリ,タバコなどの栽培や牧畜が行なわれる。州都から西に延びるチャコ横断鉄道を中心に鉄道・道路網も広がりつつあり,グランチャコでは最も人口密度が高い地域となっている。面積 9万9633km2。人口 98万4446(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャコ州の関連キーワードアルゼンチン綿

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android