チャリティ・ショー(英語表記)charity show

世界大百科事典 第2版の解説

チャリティ・ショー【charity show】

収益を社会的に意義のある目的に用いるために行われる,演劇,音楽,映画などの興行。慈善興行のこと。英語では,チャリティ・パフォーマンスcharity performance,チャリティ・コンサートcharity concertなどという。出演者が出演料をわずかしか,あるいはまったく受け取らないというかたちで収益をあげるやり方と,高額の入場料をとるやり方とがあり,ときには両者が併用される。芸能が貴族などの庇護を受けていた時代には考えられなかったことであり,チャリティ・ショーの成立は近代における芸能の経済的自立という現象と切り離せない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android