コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャリティ・ショー charity show

1件 の用語解説(チャリティ・ショーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャリティ・ショー【charity show】

収益を社会的に意義のある目的に用いるために行われる,演劇,音楽,映画などの興行。慈善興行のこと。英語では,チャリティパフォーマンスcharity performance,チャリティ・コンサートcharity concertなどという。出演者が出演料をわずかしか,あるいはまったく受け取らないというかたちで収益をあげるやり方と,高額の入場料をとるやり方とがあり,ときには両者が併用される。芸能が貴族などの庇護を受けていた時代には考えられなかったことであり,チャリティ・ショーの成立は近代における芸能の経済的自立という現象と切り離せない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャリティ・ショーの関連キーワード葉切りアーバニズム公共の福祉社会的事実人種差別風致地区利益計画モニュメンタル有意義投下資本利益率 ROI

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャリティ・ショーの関連情報