コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャレンテ Cialente, Fausta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャレンテ
Cialente, Fausta

[生]1898. カリアリ
[没]?
イタリアの女流作家。第2次世界大戦中にはエジプトのアレクサンドリアで反ファシズムのイタリア語放送にたずさわり,1943年,週刊紙『統一戦線』 Fronte unitoを発刊。解放後もジャーナリズムではなばなしく活躍しつつ,強い意志と繊細な感情の作品を発表。主著『ナターリア』 Natalia (1930) ,『東方の舞踏曲』 Ballata levantina (61) ,『砂を吹く風』 Il vento sulla sabbia (72) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャレンテの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android