コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンキャ・ルルペー・ドルジェ チャンキャ・ルルペー・ドルジェ lCang skya Rol pa'i rdo rje

1件 の用語解説(チャンキャ・ルルペー・ドルジェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンキャ・ルルペー・ドルジェ
チャンキャ・ルルペー・ドルジェ
lCang skya Rol pa'i rdo rje

[生]1717
[没]1786. ドロンノール
彙宗寺に住持した慈国師章嘉呼図克図の転生者とされるチベットの僧。別名イェシェー・テンペー・ドゥンメ。 1723年北京に連行され,トゥケン・フトクトゥ2世らの教育を受け,満州,蒙古,中国の3ヵ国語を習得,雍正,乾隆2代に仕え,清朝のチベット支配に重要な仲介者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチャンキャ・ルルペー・ドルジェの言及

【ラマ教】より

…17世紀後半に至るとジャムヤン・シェーペー・ドルジェ(1648‐1722)が現れて,ツォンカパの見解をその由来とともによく祖述した。ついで現れたチャンキャ・ルルペー・ドルジェ(1717‐86)は,清の乾隆帝に仕えてその宗教政策を扶翼したが,ツォンカパ思想のすぐれた解明者として,その批判説の多くを排除し,すぐれた祖述者の役割を果たした。 チベット仏教はインド仏教以来の救う者としての教団仏教の伝統を保ち続け,高踏的な立場に立った。…

※「チャンキャ・ルルペー・ドルジェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンキャ・ルルペー・ドルジェの関連キーワード大どろしどろもどろたどろたどろ没・歿勃・歿・没薄どろおどろおどろほどろほどろDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone