コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラセカールの限界 チャンドラセカールのげんかいChandrasekhar limit

1件 の用語解説(チャンドラセカールの限界の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンドラセカールの限界
チャンドラセカールのげんかい
Chandrasekhar limit

白色矮星の限界質量。太陽質量の約 1.4倍。白色矮星は自己重力を電子の縮退圧によって支えている。ところがその質量が太陽の 1.4倍をこえると,星の中心での圧力が無限大となりもはや縮退圧では自重を支えきれず,星はさらに進化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチャンドラセカールの限界の言及

【恒星】より

…すなわち,この場合は温度の助けをかりて圧力を上げ,重力崩壊を防ぐことになる。大質量の縮退核ができないのは太陽質量の1.4倍くらいのところにチャンドラセカールの限界と呼ばれる上限があるためである。小質量星,大質量星のいずれにしてもヘリウム核は,中心が高圧で外側が比較的低圧の状態,すなわち一つの星のようにふるまい,その外包は中心核にあまり荷重をかけないように広がって,半径の大きな星の構造が成立する。…

【チャンドラセカール】より

…アメリカの理論天体物理学者。インドのラホール(現,パキスタン)に生まれ,マドラス大学およびイギリスのケンブリッジ大学で学ぶ。1936年渡米,53年帰化。諸大学を歴任の後,1944年よりヤーキス天文台教授となる。21歳のとき,白色矮星(わいせい)の内部構造の研究からその質量には上限(電子の縮退圧によって,平衡を保つことのできる質量には限界があり,その限界をチャンドラセカール限界という)があることを発見,これよりも重い星は進化の途上で余分な質量を放出せざるを得ないことを示した。…

※「チャンドラセカールの限界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone