コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラX線望遠鏡 ちゃんどらえっくすせんぼうえんきょう/ちゃんどらXせんぼうえんきょう Chandra X‐ray Observatory

1件 の用語解説(チャンドラX線望遠鏡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

チャンドラX線望遠鏡

航空宇宙局(NASA)が1999年7月23日に打ち上げたX線天文衛星インド天文学者S.チャンドラセカールにちなむ。4対のX線反射鏡を持ち、角度分解能は0.5秒角。かに星雲(超新星残骸)中心のパルサーが噴き出すジェットや、遠方の銀河や活動銀河核のX線放射を検出、画期的研究成果を得ている。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャンドラX線望遠鏡の関連キーワードSASアメリカ航空宇宙局GEOSTIROS北米航空宇宙防衛軍航空宇宙局GSFC深宇宙探査網北米航空宇宙防衛司令部HACCPとISO22000

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone