コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンネリング channelling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンネリング
channelling

一定速度の荷電粒子を物質層に入射すると,粒子は衝突電離によってエネルギーを失いつつ,飛程と呼ばれる平均距離を通過したのちに止る。ところが荷電粒子を非常に細い平行線束にして単結晶に入射すると,方向によって飛程が違い,結晶格子面の間をうまくすり抜けると飛程が非常に長くなる。これをチャンネリングという。 1960年代に入って急激に発展してきた分野で,結晶内の不純物格子欠陥などの研究,原子核共鳴準位の寿命の測定などに有用な現象である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android