チャールス・ハロルド ドッド(英語表記)Charles Harold Dodd

20世紀西洋人名事典の解説


1884.4.7 - 1973.9.21
英国の新約聖書学者。
元・ケンブリッジ大学授。
北ウェイルズのレクサム生まれ。
1912〜15年及び、’18〜19年ウォリックの会衆派教会牧師として働く。’15年にオックスフォード・マンスフィールド・カレッジの新約学講師となり、’30〜35年マンチェスター大学聖書批判学および釈義学教授、’36〜49年ケンブリッジ大学教授を歴任した。イエスの「譬え話」における「現代的終末論」の主張は有名である。主著に「使徒的宣教とその発展」(’36年)、「イエス」(’70年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android