チャールズ・エドワード スピアマン(英語表記)Charles Edward Spearman

20世紀西洋人名事典の解説

チャールズ・エドワード スピアマン
Charles Edward Spearman


1863.9.10 - 1945.9.17
英国の心理学者。
元・ロンドン大学教授。
ロンドン生まれ。
陸軍将校として従軍した後、心理学に転じ、大心理学者ヴントに師事し、1904年ライプツィヒ大学から博士号を取得し、ロンドン大学教授となる。ゴルトンの知能の数学的研究を推進し、ピアソンの因子分析法を発展させ、知能の2因子説を唱える。又、「スピアマン・ブラウンの公式」でも有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

チャールズ・エドワード スピアマン

生年月日:1863年9月10日
イギリスの心理学者
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android