コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュコト半島 チュコトハントウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュコト半島
ちゅことはんとう
Чукотский Полуостров Chukotskiy Poluostrov 

ロシア連邦、シベリア北東部、ベーリング海峡に突出した半島。北のチュコト海と南のアナディール湾に挟まれる。ユーラシア大陸の北東端に位置し、アラスカと相対する。チュクチЧукчи/Chukchi半島ともいう。先端はデジニョフ岬チュコト高地の東部にあたり、標高400~500メートルの丘陵を主とし、その周辺にツンドラ(永久凍土帯)の低地が広がる。山地では錫(すず)、金、タングステンなどを産出し、南東部にプロビジェニヤ、東部にウエーレン、北部にエヌルミノなどの漁港がある。[須長博明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チュコト半島の関連キーワードシベリア・中央アジア神話エスキモーチュクチ語