コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュコート海 チュコートかい Chukchi Sea

1件 の用語解説(チュコート海の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チュコートかい【チュコート海 Chukchi Sea】

北極海のうち,ロシア連邦東端と北アメリカ大陸西端に囲まれる海域。ロシア語ではChukotskoe moreといい,南はベーリング海峡によって太平洋と通じている。広さ約59万5000km2,最深点は1256m。海岸の大半は山がちで崖が海にせまるが,場所によっては潟湖や砂州が発達する。洋上にウランゲリ島がある。表面水温は夏4~12℃,冬には-1.6~-1.8℃で,表面には夏のわずかな期間を除けばつねに浮氷をみる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チュコート海の関連キーワードアメリカバイソンオビ川北アメリカレナ川アメリカ杉アメリカン北米ヨーロッパロシアロシア連邦亜米利加

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone