コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュコート海 チュコートかいChukchi Sea

世界大百科事典 第2版の解説

チュコートかい【チュコート海 Chukchi Sea】

北極海のうち,ロシア連邦東端と北アメリカ大陸西端に囲まれる海域。ロシア語ではChukotskoe moreといい,南はベーリング海峡によって太平洋と通じている。広さ約59万5000km2,最深点は1256m。海岸の大半は山がちで崖が海にせまるが,場所によっては潟湖や砂州が発達する。洋上にウランゲリ島がある。表面水温は夏4~12℃,冬には-1.6~-1.8℃で,表面には夏のわずかな期間を除けばつねに浮氷をみる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チュコート海の関連キーワードコククジラ(克鯨)セイウチ(海象)ベーリング陸橋チュコート半島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android