コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュマシュ族 チュマシュぞくChumash

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュマシュ族
チュマシュぞく
Chumash

アメリカ西海岸,ロサンゼルスからサンルイスオビスポまでの地域および島嶼部に居住していたアメリカインディアンの一民族。サンタクルーズ島に住む集団の自称「チュマシュ」が,一帯の8つ以上の自律集団の総称となった。ホカ語族に属するチュマシュ諸語には6つ以上の言語があったとされるが,記録される前にほとんどの話者が死に絶え,その言語と文化について多くは知られていない。スペイン人が侵入した 16世紀の人口は,約 8000~2万と推定される。沿岸地帯と島嶼部の集団はマグロなどの魚類や貝類,海獣をとり,内陸の集団は木の実,種子の採集や,シカなどの狩猟を行なった。小さな集落に分散し,50人以上が入れるドーム型住居には父系の家族集団が居住,各村には共同の蒸し風呂もあった。 17世紀初頭までには,ほとんどがカトリック教会周辺に移されて農園や工場の労働者として使われた結果,伝統的文化と社会は崩壊し,今日では人口 100人未満といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android