チュロス(英語表記)churros(スペイン)

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「チュロス」の解説

チュロス【churros(スペイン)】

スペインの菓子の一種。バターと水を火にかけてあたため小麦粉を入れて練った生地を、星形の口金を用いて絞り出し、油で揚げたもの。断面が星形の細長い棒状ないし、その両端を合わせて涙形の輪のような形にしてある。砂糖シナモンなどをまぶすことが多い。日本では、東京ディズニーランドのワゴンなどで売られるもののほか、ミスタードーナツやスターバックスコーヒーのものが知られる。スペインでは朝食にも用いられる。◇「チュロ」ともいう。チュロ(churro<スペイン>)はチュロスの単数形。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「チュロス」の解説

チュロス(〈スペイン〉churros)

《「チューロス」とも》スペインの揚げ菓子。断面が星形で細長い棒状。小麦粉を熱湯で練り、口が星形の絞り器から揚げ油に落として揚げたあと、砂糖などをまぶす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android