チューブ・ベル(英語表記)tubular bells

翻訳|tubular bells

世界大百科事典 第2版の解説

チューブ・ベル【tubular bells】

打楽器の一種。厚さ2mm,直径38mmの特殊合金のチューブ()を長さ160cmから94cmに切って調律したもの。自由な振動を得るために上部をあけ紐を通し金属製の枠に半音階的に並べ釣り下げてある。がしてあるチューブの上部の肩の部分を革製ので打って鳴らす。打たれたチューブが相互にぶつからないように枠の中央にゆれ止めがはめられ,その下にはペダルによって可動するダンパーが取り付けてある。教会の音のように響く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android