コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューブ・ベル tubular bells

翻訳|tubular bells

1件 の用語解説(チューブ・ベルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チューブ・ベル【tubular bells】

打楽器の一種。厚さ2mm,直径38mmの特殊合金のチューブ(管)を長さ160cmから94cmに切って調律したもの。自由な振動を得るために上部に孔をあけ紐を通し金属製の枠に半音階的に並べ釣り下げてある。栓がしてあるチューブの上部の肩の部分を革製の槌で打って鳴らす。打たれたチューブが相互にぶつからないように枠の中央にゆれ止めがはめられ,その下にはペダルによって可動するダンパーが取り付けてある。教会の鐘の音のように響く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チューブ・ベルの関連キーワード三の鼓体鳴楽器打楽器タムタム鉄琴銅鈸バヤ木琴管弦舞楽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone