コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューブ・ベル tubular bells

翻訳|tubular bells

世界大百科事典 第2版の解説

チューブ・ベル【tubular bells】

打楽器の一種。厚さ2mm,直径38mmの特殊合金のチューブ(管)を長さ160cmから94cmに切って調律したもの。自由な振動を得るために上部に孔をあけ紐を通し金属製の枠に半音階的に並べ釣り下げてある。栓がしてあるチューブの上部の肩の部分を革製の槌で打って鳴らす。打たれたチューブが相互にぶつからないように枠の中央にゆれ止めがはめられ,その下にはペダルによって可動するダンパーが取り付けてある。教会の鐘の音のように響く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チューブ・ベルの関連キーワードチューブラー・ベルズチャイコフスキーチャイム打楽器かねばち

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android