コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョナン(天安)市 チョナンCh'eonan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョナン(天安)〔市〕
チョナン
Ch'eonan

韓国,チュンチョンナム (忠清南) 道北部の中心都市。 1963年市制。チャリョン (車嶺) 山脈の西麓に開けたアンソン (安城) 平野の南部にある。ソウルの南方にある道路交通の要衝として発達し,『天安三巨里 (三叉路) 』の民謡で広く知られてきた。キョンブ (京釜) 鉄道からチャンハン (長項) 鉄道とアンソン鉄道が分岐する。キョンブ高速道路のインターチェンジからも近く,農産物の大集散地である。農村部では稲作を中心に野菜栽培と酪農が盛んで,クルミを特産する。金の産出が多い。早くから農機具工業が行われたが,60年代からマッチ,石鹸,窯業なども盛んとなっている。市の西方のオニャン (温陽) 温泉は韓国を代表する温泉で観光客が多い。面積 78km2。人口 17万 196 (1985) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チョナン(天安)市の関連キーワードチュンチョンナム(忠清南)道チョチウォン(鳥致院)邑

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android