コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チル鋳物 チルイモノ

デジタル大辞泉の解説

チル‐いもの【チル鋳物】

chilled casting》鋳物を作るとき、砂型の一部に金型を当てて急冷し、その部分の組織を白銑(はくせん)化して硬度を高めた鋳物。圧延ロール・クラッシャー・車輪などに使用。冷硬鋳物。チルド鋳物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

チルいもの【チル鋳物】

砂型と金型を組み合わせた鋳型に、ケイ素の含量の少ない溶けた鉄を流しこんで作った鋳物。耐摩耗性と靭性に富むので圧延ロール・車輪などに用いられる。チルド鋳物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

チル鋳物の関連キーワードチルドロールケイ素金型鋳型砂型靭性含量

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android