コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルド鋳物 チルドいもの chilled casting

2件 の用語解説(チルド鋳物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チルド鋳物
チルドいもの
chilled casting

冷剛鋳物ともいう。普通の鋳鉄より炭素,ケイ素がわずかに低い鋳鉄 (C2.5~3.5%,Si0.3~0.9%,Mn0.3~0.9%程度) を用い,鋳型の必要部分に冷やし金をはめて鋳造してつくる鋳物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チルド鋳物【チルドいもの】

必要な面に金型を用いて冷却速度を早め,その部分の表面だけ白銑化させた銑鉄鋳物。表面がきわめてかたく,耐摩耗性が格段に大きいのが特長。圧延ロール,車輪などに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

チルド鋳物の関連キーワード鋳物師鋳物可鍛鋳鉄鋳鉄鋳鉄鋳物煎り炭飾り炭セミスチール千葉政頼

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone