チロル帽(読み)チロルボウ

百科事典マイペディアの解説

チロル帽【チロルぼう】

チロル地方特有の,茶色または緑色のフェルトの帽子で,ブリム(つば)が狭く,細いひものバンドが付き,羽根を飾る。登山帽として広く使用されている。
→関連項目チロル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のチロル帽の言及

【チロル】より

…チロルの人々は造形芸術にすぐれ,アルプス・ゴシック文化を造出するとともに,多くの山岳画家,農民芝居や農民文学も生んでいる。服装面でも鳥の羽やカモシカの髯の小束をつけたチロル帽,革の半ズボン,女性のディルンドルDirndlは有名である。 州都インスブルックはイン川に臨み,北にカルウェンデル山脈のハーフェレカーHafelekar山(2334m)が聳立(しようりつ)する,森に囲まれた中世以来の古都であり,チロル州の政治,経済,文化の中心地であり,観光地としても知られ,また冬季オリンピックの開催地でも有名である。…

※「チロル帽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android