コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付き ズキ

4件 の用語解説(付きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ずき〔づき〕【付き】

捕吏、警官、また、警察からの手配などをいう俗語。

つき【付き/附き】

付くこと。付着すること。また、そのぐあい。「―のいい粘着テープ」
火がつくこと。火が移って燃えるぐあい。火つき。「―の悪いマッチ」
ある人のそばにつき従うこと。また、その人。付き添い。→御付(おつ)き
「夫々(それぞれ)に支度して老実(まめやか)の―を撰み」〈一葉・暁月夜〉
かっこう。ようす。
「体の―がちょっとだけ違うよってなあ」〈谷崎・卍〉
好運。「―が回る」「―が落ちる」

㋐からだに関する名詞の下に付いて、そのもののようす・かっこうを表す。「顔―」「手―」
㋑名詞の下に付いて、そのものが付属していることを表す。「家具―のアパート」
㋒人を表す名詞の下に付いて、その人の世話をする役であることを表す。「社長―秘書」
手がかりになるもの。
「人にあはむ―のなきには思ひおきて胸はしり火に心やけをり」〈古今・雑体〉
《試金石にすりつけて調べるところから》金銀の品質。
「―の悪き銀(かね)を」〈浮・永代蔵・五〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

付きの関連情報