コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァジウス Zasius

世界大百科事典 第2版の解説

ツァジウス【Zasius】

1461‐1535
ドイツの法学者。ドイツ名はツェジUlrich Zäsy。ローマ法の継受期すなわちドイツの固有の法学の開始期における卓越した業績を示した。コンスタンツの富裕な市民の子に生まれる。同市で公証人,書記などをつとめてから,1494年にフライブルクの都市書記となる。人文主義思潮に心酔して一時期ラテン語の教師となったが,1501年フライブルク大学で法学博士の学位を取得,翌年同市裁判所書記と大学法律顧問に就任,03年から死没まで教授職にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツァジウスの関連キーワード人文主義法学改革法典

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android