コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人文主義法学 じんぶんしゅぎほうがく

百科事典マイペディアの解説

人文主義法学【じんぶんしゅぎほうがく】

J.キュジャスなどを代表的存在とする,主に16世紀フランスで栄えたローマ法研究学派。人文主義思潮とルネサンスを文化的基盤とする。中世イタリアの注釈学派注解学派の実用主義的方法に対して,洗練されたラテン語の文章としての古典古代法文を探求し,文献学的・歴史学的に《ローマ法大全》を研究した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんぶんしゅぎほうがく【人文主義法学 legal humanism】

人文主義の影響下に中世以来のスコラ的な法学を批判し,これを改革しようとする運動をいう。このいわゆる人文主義法学は,16世紀に,イタリアのアルチャート,フランスのビュデ,ドイツのツァジウスを先駆者としながら,とりわけフランスで隆盛をみた(ブールジュ大学が拠点)。キュジャスドノーがそのもっともおもな代表者である。17世紀になるとユグノー迫害に関連してオランダに中心が移っている。 中世の法学(主としてイタリアに発達した)に対する批判は,何よりも法学授業の方法とこれと結びついて成立した教授的・釈義的文献に向けられた(〈イタリア風mos italicus〉と〈フランス風mos gallicus〉の対置)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人文主義法学の関連キーワードジャス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android