コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツパマロス

百科事典マイペディアの解説

ツパマロス

ウルグアイの都市ゲリラ組織。1963年ごろ組織され,当初は農村で活動していたが,しだいに都市部でのゲリラ活動に重点を移し,1960年代後半から1970年代初めにかけ政府要人,外交官実業家などの誘拐を行った。軍による厳しい弾圧を受け衰微。軍政が成立するきっかけになった。名称は18世紀ペルーの反乱者トゥパック・アマルーにちなむ。
→関連項目ウルグアイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツパマロス【Tupamaros】

ウルグアイの都市ゲリラ組織。社会党員センディックRaúl Sendic(1925‐72)により1963年ころ組織され,当初は農村での活動に力を入れていた。しだいに都市部のゲリラ活動に重点を移し,60年代後半から70年代初めにかけ,政府要人,外交官,実業家などの誘拐を頻繁に行った。一部の中産階級の支持をバックにかなり強大な勢力となったが,軍による厳しい弾圧を受け,センディックの死(1972)などを機に衰微していった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のツパマロスの言及

【ウルグアイ】より

…さらに52年には大統領制を廃止し,国家政治委員会を唯一の行政府とすることで,バッジェの主張したような複数行政制度が発足した。 しかしながら,この制度の発足後まもなく経済的停滞が顕著となり,60年代にはゲリラ組織ツパマロスの活動が激化し,政治的緊張が高まった。こうしたなかで,67年には大統領制が復活し,さらにツパマロスの鎮圧に主導的役割を果たした軍部が73年には政治の実権を事実上掌握し,ウルグアイが誇った民主体制は一時期頓挫した。…

※「ツパマロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android