コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリガネカイメン Rhabdocalyptus victor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリガネカイメン
Rhabdocalyptus victor

海綿動物門六放海綿綱六放星目ロッセラ科。六放海綿類中最も大型で,体長 1m内外。体は釣鐘状または花瓶状で,基部がやや曲っている。体壁は厚く,上方にいくに従って薄くなる。芽生した個体が基部についている場合もある。相模湾などの水深 500~800mの海底に産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツリガネカイメン【Rhabdocalyptus victor】

六放カイメン綱ロッセラ科の海綿動物。相模湾の水深500~860mの海底から採集されている。体は釣鐘状や花瓶状で,基部が屈曲するものがあり,大きなものでは長さが1mほどになる。体壁は厚く,上方の口縁になるにつれて薄くなり,体壁の外面は四角形の網目様の薄い膜で覆われている。下部は瘤状の突起になり外物に付着する。このような深海底には,キヌカツギカイメンR.capillatusのほか同属のR.mollisR.bidentatusなどいくつかの種類も生息している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツリガネカイメン
つりがねかいめん / 釣鐘海綿
[学]Rhabdocalyptus victor

海綿動物門六放海綿綱ロッセラ科に属する海産動物。六放海綿類中もっとも大形の種類で1メートルに達するものもある。体は鐘状あるいは花瓶状で、口を上にして直立し、基部で岩などに付着している。体壁の外面、内面も滑らかである。体内に散在する微小骨片の六放体は、その枝の端が箒(ほうき)状に分枝している。相模(さがみ)湾の500~900メートルの深海底に多数生息することが知られている。[星野孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android