コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティニアン島の戦い ティニアンとうのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティニアン島の戦い
ティニアンとうのたたかい

太平洋戦争中,1944年7~8月にティニアン島で行われた日米両軍の戦闘。7月 24日島北部海岸にアメリカ第2,4海兵師団が上陸。緒方敬志大佐が指揮する歩兵 56連隊を主力とする日本守備隊は8月3日南端のカロリナス山から最後の出撃を行なったが敗れ,組織的抵抗を終えた。同島には第1航空艦隊司令官角田覚治中将がいたが戦死し,日本守備隊は全滅 (戦死者約 5000人) 。アメリカ軍の戦死者 389人。この戦いを最後に,マリアナ諸島全域における日本軍の抵抗は終った。広島,長崎に原子爆弾を投下したB-29爆撃機はこの島から発進した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティニアン島の戦いの関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学中国白書鶴沢道八(1世)ギリシア民族解放戦線・人民解放軍エルランデル沖縄戦加藤泰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android