コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティマリオン Timariōn

世界大百科事典 第2版の解説

ティマリオン【Timariōn】

12世紀につくられた対話形式の中世ギリシア風刺文学作品。作者不詳。テッサロニキの聖デメトリオスの祭の見物を終えたティマリオンが熱病にかかり,仮眠中のところを死者とみなされてその魂を冥府に送られ,有名な故人たちと会うが,裁判の結果誤診と判断され,地上の骸(むくろ)と合体するという内容。ルキアノスの同種の風刺文学作品の形式をかりながら,作者は,古代や同時代の名士に対し,これを皮肉り,ときに,教会による断罪とはうらはらの好意的評価を下すこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android