コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティヤール Tyard, Pontus de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティヤール
Tyard, Pontus de

[生]1521頃.ブルゴーニュ,ビシーシュルフレ
[没]1605.9.23. ブラニシュルソーヌ
フランスの詩人。 M.セーブの弟子だったが,ロンサールにも影響され,プレイヤッドに加わって抒情詩に専念。その後,新プラトン主義の学問詩,哲学詩を手がけ,詩に関する『隠者の対話』 Solitaire premier (1552) ,『宇宙』L'Univers (57) などがある。 1578年以後シャロンシュルソーヌの司教。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティヤールの関連キーワードエディット・ピアフ/愛の賛歌ヘルメス・トリスメギストスミッドナイト・イン・パリサンドラの週末インセプションTAXi2セーナ朝TAXiイラン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android