コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田元信 たけだ もとのぶ

2件 の用語解説(武田元信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田元信 たけだ-もとのぶ

?-1521 室町-戦国時代の武将。
武田国信の次男。延徳2年若狭(わかさ)(福井県)守護職をつぎ,将軍足利義稙(よしたね)・義澄につかえる。騎射や文芸にすぐれ,三条西実隆,宗祇(そうぎ)らとまじわった。若狭武田氏は元信のとき最盛期をむかえる。大永(たいえい)元年12月3日死去。幼名は彦次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田元信

没年:大永1.12.3(1521.12.31)
生年:康正1(1455)
室町時代の武将。国信の次男。伊豆守,のち大膳大夫。延徳2(1490)年,兄信親はすでに亡く,父の死により若狭(福井県)守護職を継ぐ。文亀2(1502)年室町幕府相伴衆に列し,大永1(1521)年守護としては破格の従三位に上るなど,管領細川氏の後援もあって幕府内の地位は高かった。一方,国許では文亀2年に重税反対一揆で一族が殺され,重臣逸見氏が丹後(京都府)守護代と結んで背くなど領国経営に苦しんだ。永正14(1517)年,丹後に出兵し加佐郡を併合。犬追物や文芸に長じ,三条西実隆ら文化人との親交もみられる。小浜に仏国寺を建立した。<参考文献>『小浜市史/通史編』上

(河村昭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武田元信の関連キーワード足利持仲大館氏清佐竹義盛神後伊豆守武田信親武田信長(2)武田元綱寺尾憲清山名是豊結城氏朝(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone