コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンサール Ronsard, Pierre de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンサール
Ronsard, Pierre de

[生]1524.9.11? ロアールエシェール,ラポソニエール
[没]1585.12.27/28. ツール近郊サンコーム
フランスの詩人。プレイヤッドの代表者として質量ともに卓越した作品を残したフランスルネサンス期最大の詩人。古代の形式,韻律などに新しい工夫を凝らし,自然の情景,王侯貴族の栄誉,詩人の地位,役割などをさまざまな詩型で歌った。あまりに技巧的な作品もあったが,その試みはフランス語,フランス詩に新しい刺激を与え,新風をもたらした。詩人の誇り,覇気を示す『オード集』 Odes (5巻,1550~52) ,カッサンドラ,マリー,エレーヌと愛の対象は変るが,詩人の情熱を率直に吐露したソネット集『恋愛詩集』 Les Amours (52~78) が特に有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ロンサール

フランスの詩人。軍人,外交官となったが聴覚を失ったため退いて古典を学ぶ。詩歌の改革を志し,友人らとプレイヤード派を形成する。《オード集》(1550年―1552年),《恋愛詩集》(1552年)で抒情詩の確立に貢献,また叙事詩風の《賛歌集》を書く。
→関連項目デュ・ベレー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロンサール【Pierre de Ronsard】

1524‐85
フランスの詩人。〈プレイヤード〉詩派の中心人物。フランス中部バンドーム近傍の小貴族の家に生まれる。イタリア戦争に従軍しルネサンスの文物に触れた父ルイは彼を宮廷に入れ,教養ある貴族に育成しようとしたが,病を得て詩の道を志し,1547年以降,学友バイフとともにパリのコクレ学寮でギリシア語学者ドラの指導のもとに人文学の研究,詩作を始める。彼は同志とともに,古典およびイタリアの詩作品を模範としてフランス語の表現力を高め,詩の革新を実現することを主張するグループ〈部隊〉(ラ・ブリガード)をつくり,のちにそのうちの7名を〈プレイヤード〉と名づける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロンサール【Pierre de Ronsard】

1524~1585) フランスの詩人。フランス詩の革新を目指すプレイヤード派の頭目として、詩語を洗練、ソネットやオードの詩型を完成させた。詩集「オード集」「恋歌集」「ラ-フランシャード」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンサール
ろんさーる
Pierre de Ronsard
(1524―1585)

フランスの詩人。プレイアード派の首領。バンドモア地方の貴族の末子。イタリア戦争に従軍し、ルネサンスの美に触れた父により異教的雰囲気のなかに育てられ、武人を夢みて宮廷入りしたが、病で難聴となったため剃髪(ていはつ)(1543)、僧禄(そうろく)を得る。ユマニストのジャン・ドラJean Dorat(1508―88)の教えの下、バイフ、デュ・ベレーなどとプレイアード派の前身「部隊(ブリガード)」brigadeを形成、フランス語、フランス詩の改革を目ざす。従来のフランスにない高度の叙情を示す『オード四部集』(1550)、イタリアの血を引くカッサンドルを歌いフランスにソネットを定着させた『恋愛詩集』(1552)で名声を確立。アンジューの田舎(いなか)娘マリを歌うくだけた『続恋愛詩集』(1555)、『新続恋愛詩集』(1556)と壮大な哲学詩『賛歌集』(1555~56)を並行して発表。宗教戦争時代にはカトリック陣営を代表し『フランス国民への訓戒』(1562)、『当代の惨禍を論ず』(1563)で新教徒と論戦し、平和を説き、フランス建国の叙事詩『フランシアード』(未完)にも着手。晩年の恋を歌う『エレーヌへのソネット』(1578)以後は宮廷を去り、トゥール近郊の小修道院で没す。ヨーロッパ最大の叙情詩人と仰がれ、豊かな叙情を導入、節度ある韻律を確立するとともに、詩人は神のことばを伝える天職と主張し、旧来の詩観を一新したが、死後は古典主義者から抹殺され、ロマン派の勃興(ぼっこう)によって復権された。[高田 勇]
『井上究一郎訳『ロンサール詩集』(岩波文庫) ▽窪田般彌・高田勇訳『オード集(抄)』(『世界名詩集大成2』所収・1960・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロンサールの言及

【宮廷文学】より

…しかしこれらは17世紀フランスのルイ14世の宮廷に比べれば,擬似的宮廷にすぎない。フランスでは16世紀のフランソア1世以来王権による文人芸術家の保護が盛んになり,ピエール・ド・ロンサールをはじめとする宮廷詩人が活躍したが,ルイ14世によって中央集権国家が確立するや,文化政策も王権主導により強力に推進され,文芸の庇護はあくまで国王中心に,王立アカデミーや作家への国王年金制度の形に統合されてゆく。また王権誇示のための華麗な宮廷生活には,建築家,画家,音楽家とともに作家が動員され,とりわけ演劇は王の愛好するジャンルとして隆盛をみた。…

【シャンソン】より

…とりわけ16世紀後半に入って,ギリシア・ラテンの古典詩に範を求め,豊かなフランス語の新生を理想に掲げるプレイヤード(詩派)の台頭により,詩と音楽の緊密な結合が謳われるようになる。一派の領袖ロンサールは,本来,詩が歌われるべきものであることを繰り返し説き,自らの《恋愛詩集Les amours》(1552)巻末にジャヌカンらによる作曲の実例を添え,収録の全詩がその実例のいずれかに則して歌えることを示し,分類している。また,同派のJ.A.deバイフが1570年にシャルル9世の勅許を得て音楽家クールビルJoachim Thibault de Courville(?‐1581)とともに創設した〈詩と音楽のアカデミーAcadémie de Poésie et de Musique〉では,古典詩法にならって音節の長短をそのまま長短の音符に移そうとする〈韻律音楽musique mesurée à l’antique〉の試みがなされた。…

【プレイヤード】より

…フランス,ルネサンス期の詩派。1540年代の末期,パリの学寮で人文学の研究,詩作を行い始めた若い学徒たちが,ロンサールを中心に詩の革新を志すグループ〈部隊(ラ・ブリガード)〉を形成したが,ロンサールはそのうち7名を選んで〈プレイヤード〉と名付けた。構成に変動はあるが,通常,彼のほかデュ・ベレー,バイフ,ジョデル,チヤール,ドラ,ベローの名があげられる。…

※「ロンサール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロンサールの関連キーワードルメール・ド・ベルジュP. シャンピヨンラフランシアードシャルル[9世]J. モレアスノストラダムスF. フルーレマリー ノエルプレイヤード派デュ・バルタスデュ・ベレーコハノフスキドービニェドラモンド9月11日ティヤールグレバンレーモンモレアスジャコブ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロンサールの関連情報