コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティンターン寺院 ティンターンじいんTintern Abbey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティンターン寺院
ティンターンじいん
Tintern Abbey

イギリスのシトー会修道院聖堂の廃墟。ウェールズ南東部モンマスシャー,チェップストーの北 8km,ワイ川の西岸に位置する。1131年 W.フィッツリチャードによって創建。1220~87年にほとんど全体にわたって改築され,拡張工事を経て 14世紀初頭に完成したが,修道院は 1537年に解散した。現存する聖堂は屋根が失われ,身廊は破壊されているが,聖堂の北に僧房などの遺跡がある。初期イギリス様式デコレーテッド・スタイルをよく伝える遺構で,イギリスで最も知られたキリスト教遺跡の一つ。詩人ウィリアム・ワーズワスが『抒情歌謡集』Lyrical Ballads(1798)に収めた作品が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android