コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抒情歌謡集 じょじょうかようしゅうLyrical Ballads

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抒情歌謡集
じょじょうかようしゅう
Lyrical Ballads

イギリスの詩人 W.ワーズワスと S.T.コールリッジ共著の詩集。匿名で 1798年刊。ロマン主義の新時代を開く画期的な詩集。ワーズワスの作品 (19編) は「日常生活から選ばれた主題」を,コールリッジの作品 (4編) は「超自然的な出来事」を歌うたてまえであった。巻頭にはコールリッジの「老水夫の歌」 The Rime of the Ancient Mariner,巻末にはワーズワスの「ティンターン寺院」 Tintern Abbey Linesの両傑作がおかれた。2年後ワーズワスの新作を別の1巻にまとめ,合せて2巻本の第2版が,ワーズワスの名で刊行され,有名な詩語論を含むワーズワスの長い序文がつけられた (第3版〈1802〉で加筆) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょじょうかようしゅう【抒情歌謡集 Lyrical Ballads】

イギリス・ロマン派の詩人ワーズワースおよびコールリジの共著。初版1798年,再版1800年,第3版02年。1797年から98年にかけてサマセット州北部の隣人どうしであった両詩人の文学的友情の結実。コールリジの《文学的自叙伝》第14章の回想によると,コールリジは超自然的素材にリアリティを,ワーズワースは日常的素材に新鮮さを賦与することを目的とした。初版では,コールリジの作品は巻頭の《老水夫行》のほかに3編,ワーズワースの作品は巻末の《ティンターン・アベー》のほかに18編。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の抒情歌謡集の言及

【コールリジ】より

…フランス革命を支持する急進主義にかぶれたり,1794年にはR.サウジーとともに北アメリカに〈理想平等社会pantisocracy〉の建設を夢みたが失敗した。95年にはワーズワースと出会い,文学的な友情を交わし,その成果は《抒情歌謡集》(1798)となって結実する。初版の巻頭を飾った《老水夫行》は,罪のない鳥を殺した水夫の贖罪と愛による魂の救済をテーマにしたバラッド形式の物語詩である。…

【詩語】より

…この場合も定義はあまり明確でない。もしpoetic dictionがある種の固定した特殊な語彙・語法を意味するなら,その種のものは19世紀初頭ワーズワースの《抒情歌謡集》(1800)自序がその特権的価値を否定したように,近代以降の詩ではあまり重要とは考えられなくなっている。他方,散文と詩を分かつ要因をどこに求めるかという問題に関していえば,〈詩的語法〉の有無が両者の区分の重要な基準になることは明らかである。…

【老水夫行】より

…イギリスの詩人S.T.コールリジの代表作。ワーズワースとの共著《抒情歌謡集》初版(1798)の巻頭を飾り,2巻本再版の巻末に置かれた。老水夫がアホウドリを射殺した罪の結果,罰として仲間とともに南極近くにまで流され,神秘的体験を経て故郷に帰還するという筋の,バラッド形式の物語詩。…

【ワーズワース】より

…97年7月サマセット州オールフォクスデンに移り,コールリジとの友情を深めた。その結実として2人の詩を収めた《抒情歌謡集》は,ワーズワース兄妹とコールリジが別個に97年9月ドイツに旅立ったあとの98年に出版された。世評は冷たかったが,英詩に一大革新をもたらした。…

※「抒情歌謡集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抒情歌謡集の関連キーワードレーク・ディストリクトイギリス文学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android