コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テウフィク・フィクレト Tevfik Fikret

世界大百科事典 第2版の解説

テウフィク・フィクレト【Tevfik Fikret】

1867‐1915
トルコの詩人。イスタンブールに生まれ,ガラタサライ・リセ在学中にタンジマート文学の巨匠たちの薫陶を受けた。役人や教師を勤めるかたわら,雑誌《セルウェティ・フュヌーン》に拠るコスモポリタン的傾向の強い西欧志向の近代文学運動の中心人物の一人として活躍した。思想・社会問題にも関心を示し,オスマン帝国スルタン,アブデュルハミト2世の専制を風刺する詩《いにしえの歴史》は有名である。作品に詩集《壊れたバイオリン》《ハルークのノート》等がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テウフィク・フィクレトの関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球[各個指定]芸能部門イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵流状組織キンバリー