コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオ オットー Teo Otto

20世紀西洋人名事典の解説

テオ オットー
Teo Otto


1904 - 1968
ドイツの舞台装置家。
レムシャイト生まれ。
1904年レムシャイトに生まれ、’24年カッセルで舞台装置家としてデビュー。ベルリンに移り、’28年国立劇場舞台装置主任となる。’33年亡命し、以後チューリヒ劇場を中心に活躍。グリュントゲス、リントベルク、シュトルクスなどの演出に協力し、ブレヒトフリッシュなどの舞台を作る。イリュージョン舞台を否定した立体的な演劇空間の創造が彼の傾向である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

テオ オットーの関連キーワードヨハネス15世(16世)ヨハネス16世(17世)ニケフォロス(2世)ローマ史(年表)オットー[3世]オットー(1世)オットー[2世]ヨハネス(1世)オットー(2世)ヨハネス[1世]バイエルン公国アーデルハイトヨハネス13世神聖ローマ帝国オリンピックオットー美術ビスコンチ家3月14日ショーレム3月27日