テオ オットー(英語表記)Teo Otto

20世紀西洋人名事典の解説

テオ オットー
Teo Otto


1904 - 1968
ドイツの舞台装置家。
レムシャイト生まれ。
1904年レムシャイトに生まれ、’24年カッセルで舞台装置家としてデビュー。ベルリンに移り、’28年国立劇場舞台装置主任となる。’33年亡命し、以後チューリヒ劇場を中心に活躍。グリュントゲス、リントベルク、シュトルクスなどの演出に協力し、ブレヒトフリッシュなどの舞台を作る。イリュージョン舞台を否定した立体的な演劇空間の創造が彼の傾向である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android