テチス

百科事典マイペディア「テチス」の解説

テチス

土星の第III衛星。1684年にG.D.カッシニが発見。軌道半径29万4750km(土星半径の4.89倍),公転周期1.887802日。ほとんどでできているらしい。表面地形は複雑で,南北に走る幅100km,深さ3kmのが衛星を半周している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「テチス」の解説

テチス【Tethys】

土星の第III衛星。1684年,J.D.カッシニによって発見された。軌道半径29万4660km(土星半径の4.91倍),公転周期1.887802日。半径530km,質量7.6×1023g(土星の1.33×10-6倍)。平均密度1.21g/cm3でほとんど氷でできていると思われる。表面の地形はかなり複雑で,最大のクレーターは直径500km近くもある。南北に走る幅100km,深さ3kmの溝は衛星を半周以上している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテチスの言及

【土星】より

…粒子の密度が高いと互いに衝突して細かく砕かれるのであろう。 土星は昔から9個の衛星をもつことが知られており,Iミマス,IIエンケラドス,IIIテチス,IVディオーネ,Vレア,VIチタン,VIIヒペリオン,VIIIヤペタス,IXフェーベと呼ばれている。しかし,ボエジャーはさらに多くの衛星を発見または確認し(いくつかは地上で発見されていた),その総数は21~23となった。…

※「テチス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android