コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テチス テチス Tethys

翻訳|Tethys

4件 の用語解説(テチスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テチス
テチス
Tethys

土星衛星。 1684年 G.カッシーニが発見した。光度約 10.6等,直径約 1050km,密度 1.0,公転周期1日 21時間 19分。ボイジャー1号によって,深さ約 3kmほどの長い割れ目のような溝がみつかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テチス(Tethys)

テティス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テチス

土星の第III衛星。1684年にG.D.カッシニが発見。軌道半径29万4750km(土星半径の4.89倍),公転周期1.887802日。ほとんど氷でできているらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テチス【Tethys】

土星の第III衛星。1684年,J.D.カッシニによって発見された。軌道半径29万4660km(土星半径の4.91倍),公転周期1.887802日。半径530km,質量7.6×1023g(土星の1.33×10-6倍)。平均密度1.21g/cm3でほとんど氷でできていると思われる。表面の地形はかなり複雑で,最大のクレーターは直径500km近くもある。南北に走る幅100km,深さ3kmの溝は衛星を半周以上している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のテチスの言及

【土星】より

…粒子の密度が高いと互いに衝突して細かく砕かれるのであろう。 土星は昔から9個の衛星をもつことが知られており,Iミマス,IIエンケラドス,IIIテチス,IVディオーネ,Vレア,VIチタン,VIIヒペリオン,VIIIヤペタス,IXフェーベと呼ばれている。しかし,ボエジャーはさらに多くの衛星を発見または確認し(いくつかは地上で発見されていた),その総数は21~23となった。…

※「テチス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テチスの関連キーワードチタンディオーネフェーベエイギルカルポ逆行衛星タルボスメトネユミルRhea

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テチスの関連情報