コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テチス Tethys

翻訳|Tethys

百科事典マイペディアの解説

テチス

土星の第III衛星。1684年にG.D.カッシニが発見。軌道半径29万4750km(土星半径の4.89倍),公転周期1.887802日。ほとんど氷でできているらしい。表面の地形は複雑で,南北に走る幅100km,深さ3kmの溝が衛星を半周している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テチス【Tethys】

土星の第III衛星。1684年,J.D.カッシニによって発見された。軌道半径29万4660km(土星半径の4.91倍),公転周期1.887802日。半径530km,質量7.6×1023g(土星の1.33×10-6倍)。平均密度1.21g/cm3でほとんど氷でできていると思われる。表面の地形はかなり複雑で,最大のクレーターは直径500km近くもある。南北に走る幅100km,深さ3kmの溝は衛星を半周以上している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテチスの言及

【土星】より

…粒子の密度が高いと互いに衝突して細かく砕かれるのであろう。 土星は昔から9個の衛星をもつことが知られており,Iミマス,IIエンケラドス,IIIテチス,IVディオーネ,Vレア,VIチタン,VIIヒペリオン,VIIIヤペタス,IXフェーベと呼ばれている。しかし,ボエジャーはさらに多くの衛星を発見または確認し(いくつかは地上で発見されていた),その総数は21~23となった。…

※「テチス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

テチスの関連キーワードカッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)ジュース(Eduard Suess)アルプス・ヒマラヤ山系クエイチョウフィルム北極地石炭紀植物相ワディエルヒタンワーゲノフィルムワディエルヒタンアルプス造山運動ネオシュワゲリナゴンドワナ大陸ローラシア大陸アルプス造山帯ヒマラヤ造山帯アンガラ楯状地テチス動物群モルッカ諸島インドネシアアンガラ大陸ムカデエビ類

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テチスの関連情報