コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テナガダコ テナガダコOctopus minor

3件 の用語解説(テナガダコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テナガダコ
テナガダコ
Octopus minor

軟体動物門頭足綱マダコ科。体長 70cm,外套長 8cm。雄は雌より大きい。胴は長卵形,表面は軟らかく,灰褐色ないし赤褐色で淡灰色の小点が散在する。腕は長く,体長の 80%を占め,第1腕が特に長く太い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

テナガダコ

軟体動物マダコ科。腕の長さを含めて90cmにもなるが胴は小さく8cmくらい。体色は灰褐色,赤褐色,暗褐色で淡灰色の斑紋がある。皮膚も肉質もマダコより柔らかい。日本各地に産するが,特に瀬戸内海に多く,内湾の泥の中にトンネルを掘ってすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テナガダコ
てながだこ / 手長蛸
[学]Octopus minor

軟体動物門頭足綱マダコ科のタコ。全長70センチメートル、外套(がいとう)長10センチメートル弱になる。腕が非常に長く、とくに第1腕が長大である。皮膚は柔らかで比較的滑らか、赤褐色の地に淡色の小斑点(はんてん)がある。交接腕は雄の右第3腕で、反対側の腕の半分ぐらいの長さしかなく、先端はへら状に変形している。日本全国の内湾の泥地にすみ、泥中に体を埋め、穴から長い第1腕を出して餌(えさ)をとらえる。産卵期は6月ごろである。食用にするほか、腕を切って釣り餌にも用いる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テナガダコの関連キーワードサケ・マス出世魚ダンチクムクロジアル・カッサムカッサム土俵アイ(藍)アマリリスイソギンチャク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テナガダコの関連情報