コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テポドン2号 てぽどん2ごう Taepodong-2

1件 の用語解説(テポドン2号の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

テポドン2号

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が開発した長距離弾道ミサイルに対する米国側による呼称。ミサイルには核弾頭の搭載が可能であり、3000~6000kmといわれる射程距離内には、アラスカなどの領土も含まれることから、米国にとって国防上の脅威となり得ると考えられている。
北朝鮮側は軍事的なミサイルではなく、宇宙の平和利用を目的とした衛星打ち上げのためのロケットであるとしている。しかし、2006年7月に行われた7発のミサイル発射実験のうちの1基はテポドン2号であったとされる。これを深刻にうけとめた日本は、国連安全保障理事会に「北朝鮮のミサイル発射に対する国連非難決議」を提案し決議成立させている。
09年に入ってテポドン2号の改良型とみられるミサイルの発射準備が察知され、北朝鮮当局からも実験通信衛星打ち上げを4月上旬に行うと国際海事機関(IMO)に通報がなされた。長距離ミサイルも宇宙ロケットも、弾道軌道人工衛星軌道かの違いはあるものの、ほぼ共通の技術に基づくもので軍事利用が懸念され、日米は発射は国連決議違反であり危険な挑発行為だとして「ミサイル迎撃」を検討している。これに対して「衛星撃墜」には反撃と報復を辞さないとの声明を発表し緊張が高まっている。

(金谷俊秀 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テポドン2号の関連キーワード北朝鮮許憲朝鮮民主主義人民共和国人民民主主義千里馬羅津KCNA松岳脱北DPRK

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テポドン2号の関連情報