テラ・アマタ遺跡(読み)てらあまたいせき(英語表記)Terra Amata

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テラ・アマタ遺跡
てらあまたいせき
Terra Amata

フランス南部、ニース市にある前期旧石器時代の遺跡。1966年に発掘され、重複層に20余りの住居址(し)が確認された。最古のものはミンデル氷期中とされる。その上の砂層中に、原人の足跡と、中心に炉をもつ枝かけ住居址が発掘されている。石器は下部層位では礫(れき)器を主体とし、上部層位になると剥片(はくへん)石器が多くなる。ゾウ、サイ、シカ、イノシシの骨が出土し、この遺跡は約40万年前のものとされる。[山中一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android