コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テル・サラサート遺跡 テル・サラサートいせきTell Thalathat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テル・サラサート遺跡
テル・サラサートいせき
Tell Thalathat

イラク北部,アルマウシルの西方約 60kmにある遺跡。 1956年以来東京大学イラク=イラン遺跡調査団が発掘を行なっている。遺跡は5つのテルから成る。第2号丘の文化は,新石器ハッスーナ期 (前 6000~5500頃) ,ウバイド期 (前 4000~3500頃) ,ウルク期 (前 3500~3000頃) ,の3期に分けられる。ハッスーナ期には,住居が竪穴から方形建物に変化し,粗製土器がつくられた。ウバイド期には,周囲に溝をもつ村落が形成され,彩文土器が製作された。ウルク期には,小神殿が建てられ,刻文土器が焼かれた。第5号丘は,ニネベ第5期 (前 3000頃) のテルで,方形の倉庫,円形の土器を焼く窯が築かれた。彩文の台付き大鉢,円筒印章が発見された。第1号丘の最上からは前 1500年頃 (フルリ時代) の構築物が発掘された。しかし第1,3,4号丘のほとんどは未発掘である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テル・サラサート遺跡の関連キーワードチロキシン結合グロブリン赤外線天文学

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android