コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テロマー telomer

1件 の用語解説(テロマーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テロマー【telomer】

分子の末端に反応性の基をもつ,重合度の低いオレフィン類(ビニル化合物)の重合体。たとえばエチレンCH2=CH2の重合反応を比較的多量の四塩化炭素CCl4の存在下で行うと,次のような反応が起こり,両末端にそれぞれ反応性の基をもつエチレンのテロマーが生成する。テロマーは末端の反応性基を利用して種々の有用物質の製造の出発原料とする。【井上 祥平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テロマーの関連キーワード解重合重合機能性高分子縮重合脱アミノ反応アミノ末端縮合反応平均重合度微分重量分布関係式フローリー‐ストックマイヤーの理論

テロマーの関連情報