コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テロマー telomer

世界大百科事典 第2版の解説

テロマー【telomer】

分子の末端に反応性の基をもつ,重合度の低いオレフィン類(ビニル化合物)の重合体。たとえばエチレンCH2=CH2の重合反応を比較的多量の四塩化炭素CCl4の存在下で行うと,次のような反応が起こり,両末端にそれぞれ反応性の基をもつエチレンのテロマーが生成する。テロマーは末端の反応性基を利用して種々の有用物質の製造の出発原料とする。【井上 祥平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テロマーの関連キーワードオリゴマー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android